コンプライアンス

テレビ東京グループ行動規範

テレビ東京グループは、社会から信頼される企業集団であり続けるために、全ての役員・従業員が守るべき『テレビ東京グループ行動規範』を定めました。
『行動規範』には、基本姿勢としての<コンプライアンス・ポリシー>、実践のための<行動基準>を明記しました。
全ての役員・従業員は、この『行動規範』を遵守し、高い倫理観のもとに行動することを誓います。

<コンプライアンス・ポリシー>
1. わたしたちは、公共の電波を預かり放送事業に携わるものとして、放送の公共的使命と報道機関としての責任を自覚し、新しい世代の育成や国民の福祉と文化の向上に貢献します。
2. わたしたちは、独創的かつ視聴者ニーズを捉えた良質な番組などのコンテンツ、イベント、商品を提供し、国民の生活を豊かにするように努めます。

3. わたしたちは、法令や社会規範を守るのはもちろんのこと、放送事業に携わるものとしての役割を自覚した高い倫理観を持ち、公正で透明な事業活動を行います。

4. わたしたちは、視聴者、株主、取引先など、広く社会とのコミュニケーションを図り、健全で良好な関係を維持します。

5. わたしたちは、社会の一員として、地域社会との連携や、地球環境の保全などに積極的に関わり、社会に貢献するよう努めます。

6. わたしたちは、互いの人格を尊重し、それぞれが個性と能力を発揮できる明るい職場環境をつくります。

<行動基準>
【放送の使命・責任】
1. 国民への奉仕
放送の公共的使命を自覚し、正確な情報や健全な娯楽を国民に提供する。
国民の意見・批判に誠意を持って対応する。

【法令などの遵守】
2. 法令などの遵守
国内外の法令及び規則などを遵守し、社会規範及び企業倫理に基づいて行動する。

3. 社内規則の遵守
放送番組編成基準、報道倫理ガイドラインなど番組制作に関する社内規範はもとより、全ての社内規程を遵守する。

4. 人権の尊重
人権を尊重し、人種、信条、宗教、国籍、年齢、性別、門地、心身の障害などに基づく差別をしない。

5. 知的財産権の尊重
会社の知的財産権を厳格に保全する一方、他者の知的財産権を侵害する行為はしない。

【情報の取り扱い】
6. 個人情報の厳格な管理
個人情報は適正に収集・管理する。本人の同意を得るなどの適正な手続きをしないで、目的以外に使用したり、第三者に開示したりしない。

7. 機密情報の管理
職務上知り得た会社の情報を適正に管理し、会社の許可なく第三者に漏らしたり、業務以外の目的で私的に使用しない。
退職後も会社の機密情報は漏らさない。
他者が保有する機密情報を不正に入手・使用しない。

8. 企業情報開示
取材源を含む守秘義務のある情報を除き、社会が必要としている企業情報は、適時に適切な方法で積極的に開示する。

9. インサイダー取引の禁止
未公表の内部情報を職務に関して知りながらその会社の株式等を売買しない。
インサイダー取引の疑いを持たれるような取引もしない。

【公正な事業活動】
10. 公私の峻別及び利益相反行為の禁止
会社の職務や地位を私的利益のために使用しない。
会社の資産や経費を会社の利益に反して使用しない。

11. 誠実な会計処理
全ての事業活動において、会計処理は誠実に行う。

12. 取引先などとの信頼関係の保持
取引先との間で不公正な決定・便宜供与・取引はしない。取引先の役職員との間で、社会通念の範囲を超える贈答・接待その他の経済的利益の供与をせず、また、受けない。
公務員に対して不正な接待・贈答・便宜供与はしない。

13. 公正な競争
全ての取引において、公正・透明・自由な競争を維持・促進する姿勢を貫き、優越的地位を濫用しない。

14. 反社会的勢力との対決
市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的な団体・個人に対しては毅然とした態度で臨み、名目に関わらずいかなる利益供与もしない。

【社会の一員として】
15. 社会的責任
企業も社会の一員であるとの認識を持ち、積極的に地域社会との交流・連携をはかり、社会貢献活動を支援する。
資源の有効活用や省エネルギーを推進するなど、地球環境の保全に努める。

【健全な職場環境】
16. 職場環境の保全
会社の職務や地位を利用したいやがらせや、性的いやがらせをしない。相手に不快感を与える性的発言をしない。性的いやがらせと誤解される行動もしない。